いわし甘露煮

鮮度の良いイワシを焼き上げ、炊き上げました。 そのおいしさは醤油や水飴の絶妙な加減により 成された伝統の味わいです。 健康的な食生活を豊かにする甘露煮です。

節分にいわし

■節分の由来■

2月3日は節分で、豆まきしたり…という事は知っていても、
節分ってそもそもなんだろうって思う方もいらっしゃるのじゃないかなと思います。

節分とは本来、季節を分ける…つまりは季節が移り変わる節日を指し、
立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日に、年4回あったものでした。

それが、一年に一回の節分になったのは、
1年の始まりの最初の立春が特に尊ばれたため。

旧暦でも立春が年の始まりにあたることから、
春を迎える事は新年を迎えるのと等しいくらい大切な節目…と、
立春の前日をさすようになったのだそうです。

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼びたい…。
そんな思いからか、平安時代の宮中では、
昨年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」という
厄払いの行事が行われていたのだそう。

それが時が経ち、室町時代以降は、豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展。
民間に定着していったのが、今の節分行事につながっているのだそうです。

豆まき

節分にいわし
そのまま食べるのも美味しいけれど、よかったら、こんな食べ方いかがですか?
いわしのつくだ煮を使ったレシピをご紹介中です。(つくだ煮deレシピへ移行いたします↓)

団子あんかけ
あったかあんかけお団子で温まろう♪
トントン巻き
ある意味恵方巻?豚肉くるくる巻き!
ピリ辛パスタ
フォークでくるくる♪いわしのパスタ
チーズ春巻き
いわしとチーズでパリパリ、揚げ春巻き♪


鬼 ■節分にいわし?■

節分にいわしを使う理由で広く知られているのは、いわしの匂いは鬼が嫌いな匂い、というもの。 食べることで体の中にいる鬼を追い払うという意味と、いわしを焼いている時の匂いで、鬼が近寄ってこないようにする、という二つの意味があるんだそうです。

また、鬼の嫌いなものにもうひとつ、柊(ひいらぎ)があり、いわしの頭を焼いて匂いを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先に付けて、鬼が入ってこないようにする風習があります。 「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊(いわしひいらぎ)」「柊刺し(ひいらぎさし)」などといわれているそうです。
表示切替: 並び順:
7件中1件~7件を表示
7件中1件~7件を表示

ネットショップ営業日
  • 今日
  • ネットショップ定休日
  • 17時までの営業

赤い部分は、発送、ネットショップへのお問合せの休業日になります。
メールでのお問い合わせは翌営業日にご対応させていただきます。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡下さい。