RSS
 
HOME > はぜ商品
はぜの甘露煮ができるまで
一日目
串打ち 鮮度を落とさないよう、沢山の氷とともに作業は始まります。 一尾ずつ大きさを確認しての串打ち。鮮度が落ちないよう手早くなければなりませんが、はぜの大きさをそろえないと、きれいに焼きあげる事も出来ません。 熟練のスタッフにより、次々とはぜが串打たれてゆきます。
串打たれたはぜは乾燥台にのり、焼く前の少しの一休み。適度な水分になるまでこのまま時を待ちます。 この乾燥がないと焼く際にはぜの表皮が張り付いてしまうそうで、これもつくだ煮作りに大切なこと。 並べられたはぜを見ると、ひと串ずつの長さがピッタリ!そして…圧巻。 乾燥
焼き 尾の先まできれいに焼きあがるように、すこしだけ重ねて専用の焼き機の中へ。 カリッと焼き上げられたはぜから立ち上るいい香りと熱で、部屋が満たされます。 このまま食べても美味しいのですが、なにぶんつくだ煮屋なもので…。甘露煮づくりはまだまだ序盤。焼いた後は…
一度熱を冷ました後、調味液が浸透しやすいよう、手作業で放射状に釜詰めされます。(すみません…写真(→)はめひかりというお魚)そして一晩の眠りに。美味しいつくだ煮づくりには焦りは禁物。大切に仕上げていきます。 釜詰

二日目
炊き上げ 一晩寝かせた釜を、2〜3時間をかけてじっくりと、秘伝のタレを足しつつ炊き上げます。 炊き込み時間、糖度の測定、炊き込みの色など、正確に記録をとりますが、最後の仕上げは職人の勘。蓋から落ちるタレの粘度を見極め、釜の火をとめるのだそうです。
炊き上がりちらり
炊きあがりの釜をちらり(↑)。美味しそうに炊き上がっておりますが、お届けするにはまだもう少し。 調味液に浸され、味がしみこむようにと一昼夜の眠りにつきます。
眠ります

三日目
仕上げ 二日目の眠りから覚めたつくだ煮は、最後のタレをかけられ、それぞれ指定されたトレイへ。 このタレには寒天類が含まれており、つくだ煮をコーティングするのと同時に菌から守るという先達からの知恵。 こうして出来上がったつくだ煮を、お手元へお届け致します。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

本はぜ甘露煮

本はぜ甘露煮 75g

450円(税抜 417円、税 33円)
本はぜ甘露煮
ランキング4

本はぜ甘露煮 240g

1,100円(税抜 1,019円、税 81円)
本はぜ甘露煮

本はぜ甘露煮 1000g

3,490円(税抜 3,231円、税 259円)
本はぜ甘露煮

本はぜ甘露煮 2000g

5,300円(税抜 4,907円、税 393円)

1件〜4件 (全4件)

ページトップへ